読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ミルホッグさんの鋭い目モ 創刊号は680円

Dreaming! 新しい未来へ 届けにいこう Happiness!!

鈴木このみ1st Live Tour2015 Nice to Me CHU!!!セトリ&メモ

鈴木このみの1stライブツアーに全通してきたので、そのセトリと感想を特に心に残った部分だけをメモ程度ではありますが残しておきます。

大阪公演、名古屋公演と東京公演は少し順番が異なる部分もありましたが、東京公演の順番で書いておきます。

 

・Open Heart

東名阪通して1曲目で使われた1stアルバムに収録されている曲。

いきなりアカペラから始まって心が震えた。

・NOT PYGMALION

・Tears BREAKER

相変わらず最後の転調が最高。

・Fly to the stars 2015

DAYS of DASH

大阪公演では飴ちゃん、名古屋公演では靴下、東京公演ではTシャツを飛ばしていた。

ラスサビのI'm a dreamerのコールは何度やっても楽しい。

・真聖輝のメタモルフォシス

・「ごめんね」のシンデレラ

初披露の楽曲。

このみんというとアッパー系の楽曲が好きなぼくが珍しくハマった聞かせるタイプの曲なので音源化が楽しみだ。

天体観測(BUMP OF CHICKEN)

これは東京公演限定のカバー曲。

大阪と名古屋ではアコースティックコーナー内で夏の終わり(森山直太朗)とプラネタリウム(大塚愛)がそれぞれカバーされていてアコースティックギターとキーボードのみでの演奏だったが、天体観測はバンド4人全員での演奏となった。

この中で個人的に一番良かったのはプラネタリウムだった。

・夢の続き

全公演においてアコースティックコーナー内で使われた楽曲。

これはアコースティックアレンジとの相性がとても良かったと思う。

・竜星鎮魂歌

東京公演限定でアコースティックコーナーで使われた楽曲。

たぶん聞くのは魔弾のイベント以来だったが、泣ける曲だった。

・LLL:CONNECTION

2ndワンマン以降ライブでは定番となっているタオル曲。

名古屋ではかなり狭かったので満足にタオルが振れなかったのが心残りだがとても楽しかった。

・星の名は絶望

UNISON SQUARE GARDENの田淵さん提供の未発表楽曲。

個人的に「ごめんね」のシンデレラより印象が薄くてあまり覚えていない。

・Tomorrow's best

2ndアルバムに収録されている楽曲だが、先日発売したミニアルバムにおいてTom-H@ckさんのアレンジで新しく収録されている。

東京公演のゲストとしてOxT(オーイシマサヨシさんとTom-H@ckさんのユニット)が来ていたので、東京ではTom-H@ckさんのアレンジバージョンでTom-H@ck+バンドでの演奏が行われた。(大阪・名古屋は2ndアルバムバージョン)

・私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い

大阪・名古屋ではラストから2番目で演奏されたが、東京では中盤でOxTとのコラボが行われた。

オーイシマサヨシさんとこのみんのワタモテコラボはANI-CUBE 002でも行われていたのでその時の思い出が少し蘇った。

・Nice to Me CHU!!!

大阪・名古屋では3曲目に演奏されていたが、作詞作曲がオーイシマサヨシさんだった関係で、東京公演のみオーイシ+バンドでの演奏となっていた。

毎回ラッキーさんが選ばれるシステムになっているが、毎回赤の他人が選ばれるので若干萎える部分があったけど曲としてはとても楽しかった。

・銀閃の風

東京でのみ演奏された。

最高すぎて言うことがない。

・Deep red heart

東京でのみ演奏されたAbsolute Soulのカップリング曲。

大阪・名古屋では聞けなかったせいで東京ではめちゃめちゃ高まった。

・囚人 -Paradox 2013-

ラスサビの転調が好きすぎる。

一番好きなノンタイ曲かもしれない。

CHOIR JAIL

・AVENGE WORLD

めっちゃ久々に通常バージョンが聞けてめちゃめちゃ嬉しかった。

久々に聞いて改めて思ったけどアニタイの曲の中で一番好きな曲の座は当分譲れなさそう。

・Absolute Soul -blade-

あんまり通常バージョンのやつが聞けていないので久々に聞きたい。(bladeが嫌いとは言ってない)

大阪・名古屋ではアンコール後の最後の楽曲として使われた。

・This game

たぶん、鈴木このみといえばで一番先に出てくるであろう楽曲。

ツアー全公演においてアンコール前のトリとして使われたが、それにふさわしい楽曲だったと思う。

オラシオン

東京公演でのみ使われたアンコール後1曲目。

茅野愛衣さんがノーゲーム・ノーライフのキャラクターの白としてエンディングで歌っていた楽曲のカバー。

このみんバージョンは銀閃の風のシングルに収録されている。

大阪・名古屋とは違いアンコール後にギターを持ってこなかったりアブソをもうやってしまっていたので何が流れるのかワクワクしていたところでイントロが流れ始めた瞬間に鳥肌が立った。

会場の白いライトが神々しかった。

・Before too long

先日発売のミニアルバムに収録されている新曲。

大阪・名古屋ではアンコール後の1曲目として、東京ではアンコール後の最後の曲として演奏された。

大阪公演でアンコール後にこのみんが突然ギター持って出てきた衝撃は今でも忘れられない。

 

アニタイとして唯一やらなかった世界は疵を抱きしめるやライブの定番曲のI say “Happy day!”がなかったのは少しだけ心残りではあるが、素晴らしいセトリの最高のライブだった。

さすがに台湾での追加公演には行けないですが、早稲田の学祭イベント・新宿でのミニアルバムのリリイベ・大阪でのバースデーイベントには参加予定なので今からそれが楽しみです。