読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ミルホッグさんの鋭い目モ 創刊号は680円

Dreaming! 新しい未来へ 届けにいこう Happiness!!

工大祭のダブル大会で予選6-0ドロップをかましたお話 その2

前の記事の続きです。

慶応を出て、東工大に着いた我々3人は適当に知り合いに挨拶をしつつ大会の少しの時間を有意義に過ごしていました。

ヤトーさんと約1年ぶりに会ったのが印象的でした。

ここで、ある違和感に気付きます。

(今日なんか人多くね…?)

ここでぽけてくブログを見てみると、参加者一覧がめっちゃ増えていたのです。

(まあサクサク消化すればワンチャン終わるっしょ~www)

こう考えながら当初の予定通りダブル大会に参加することになりました。

 

そしてブロック分けが始まりましたが、なんとブロックの人数が7人もいました。

開始時刻が14時30分頃だったので6試合消化した上で決勝トーナメントまで行くのはほぼ無理になっていました。

それでも一縷の望みに託して普通に大会を開始しました。

同じブロックになったのは明日宮くん、がちゃゲルくん、そらりあ、レプリカくん、よしといさん、らすくくんということで知らない人がゼロ(というかこないだのSPLオフで会ったやつばっか)の超身内ブロックでした。

f:id:watchog_san:20161012060635p:plain

ちなみにこの日使った構築は、先日SPLオフで使ったゴツメグドラの元になったダブルの構築です。(たぶんググれば出てきます)

本当はいつものライコウマンダカビゴンを使おうと思いましたが、ある程度身内が多い可能性が高いと判断して当日朝にモリソンさんにガッサを借り、トノを5世代から輸送し、クチアロークレセは他ルールで使っていた中で一番パクリ元の調整に近い個体の技構成を弄って組みました。

急ごしらえだったので普通に予選落ちする可能性高いだろうなあとは考えていたので、もし間に合わなくても予選落ちしたらライブに向かうことができると思いました。

しかし、この予想を裏切ってこの日は絶好調。

危なげなく怒涛の6連勝を決めました。

たぶんらすく戦だけが唯一負けそうだったかもしれないって感じでした。

 

というわけで予選が終わった段階で16時半頃だったのでドロップする旨を運営の人に伝え、うちのブロックからは2位のよしといさんに加えて繰り上げで3位のがちゃゲルくんが予選抜けとなりました。

全部勝ったことによって誰の予選抜けにも影響を出さずに降りることができたのは、迷惑をかけずに済んで良かったのではないかなと思います。

しかし、当然こんな形では消化不良だったので、ぽけてくのウィリアムくんにライブ後泊めてくれないかとお願いし、快諾してくれたので翌日のシングル大会の参加も急遽決めました。

ちなみにダブル大会ではヤトーさんが決勝で魅せるプレイングを決めて優勝していました。

おめでとうございます。

 

そうして雨宮天さんのライブのために中野に行くことになりました。

まあ、ライブはぼちぼち楽しかったって感じだったので正直チケ持ってなかったら決勝トーナメント参加したかったです。

でも今まで聞く機会のなかったSkyreachを聞けたことと、アルバム曲で一番好きなSilent Swordを聞けたのは良かったかなあと思います。

 

ライブ終了後には知り合いと西沢幸奏ちゃんのライブのチケットの取引をして、そのあとウィリアム邸に向かいました。

ウィリアム邸では麻婆豆腐とリンゴの中にチーズケーキが入ってるような感じのお菓子をふるまってもらったり、シャワーを貸してもらったり、クソキャスをしたり、ねごやくんのクイタラン66のBVを見たりしているといい時間になってきたので寝ることになりました。

 

まだまだ終わらないのでその3に続きます。