読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ミルホッグさんの鋭い目モ 創刊号は680円

Dreaming! 新しい未来へ 届けにいこう Happiness!!

工大祭のダブル大会で予選6-0ドロップをかましたお話 その3

ポケモン

もうダブル大会終わっちゃったんでタイトル関係なくなってるけどオフレポその3です。

 

ウィリアム邸では東工大まで少し距離があり、ウィリアムくんが準備のため早く着かないといけないためかなりの早起きになりました。

そして東工大の最寄り駅に着くと

2日連続でやばい雨に降られたのはさすがに運負けでした。

そうして、ぽけてくブースの教室前に着くと準備のために来ているぽけてく民とそれらのぽけてく民の家に泊まったと思われるそれ以外の人がいました。

まだ教室が開いてもいないのに明らかにぽけてくじゃない人の方が多かったのが面白かったです。

 

そして教室が開いて中でダラダラしていると同じSPLのにゃえすが来ました。

ポッ拳をずっとやっていましたがその間ずっとにゃえすはうるさかったです。

その後、続々といろいろな知り合いが来て挨拶や雑談をしているとこれまた同じくSPLのだいじゅーが来て、入り口でもらってきたらしいパンフレットを眺めていました。

そこには学園祭グランプリなるものがあるらしく、なぜか埼玉大学もエントリーしていたのでそこの紹介記事を見ていると

なんかもういろいろツッコミどころが多くて困惑しました。

・一日中バントや演劇をするという誤字

野球部でも学祭でそんなことしないと思います。

・テーマが"食事はバランスよく~主菜・副菜・むつめ祭~"

ごちゃごちゃしている上に意味が分からない。(ちなみにこれは間違っていて本当は"祭りはバランスよく~主菜・副菜・むつめ祭~"らしいです)

・日程がなぜか木金土になっていて日曜日には学祭がすでに終わっている

これは間違いでもなんでもなく本当に木曜から土曜が今年の埼玉大学の学祭の日程です。

その日程でやろうとしてどうして日曜が外されているのか理解不能ですね。

 

そうしているとシングル大会の受付が始まって、紙に構築とHNとTNを書くことになったのですが、そこでだいじゅーは食事はバランスよく~主菜・副菜・むつめ祭~というHNで登録しました。

予選では食事はバランスよく~主菜・副菜・むつめ祭~さんと同じブロックになり身内戦が発生しましたが、他にもSPLからの参加者は数人いたのでまあ仕方ないですね。

f:id:watchog_san:20161012071220p:plain

ちなみに使用構築はつくオフで使ったのと同じものになります。

まあ詳細はそのうち気が向いたら書くかもしれません。

 

この日の予選は2-2で直接対決の結果から無事に2位で予選を抜けることができました。

食事はバランスよく~主菜・副菜・むつめ祭~さんはなんと全勝で予選を抜けていました。

もしかしてSPL強くね?

その後の決勝トーナメントでは、知らないポケモンにボコられて負けてしまいました。

まあ自分も相手が知らないポケモン使ってたから多少はね?

 

大会が終わってしまい暇になったので数人のオタクを引き連れて東工大近くの凌駕というラーメン屋さんに行きました。

なんかおいしいらしいと聞いていたので楽しみにしていましたが、仕込み中で閉まっていて運負けって連呼していました。

 

そのあとぽけてくに戻るとウィリアムくんが解説をする人を探していたので冗談半分で立候補したら本当に呼ばれてしまいました。

ORAS1回しか2000超えてない雑魚がやっていいのかよとか思いながら適当に喋らせてもらいました。

ちなみに3決には食事はバランスよく~主菜・副菜・むつめ祭~さん、決勝にはそらりあがそれぞれSPLから出場しましたが両方とも負けてました。

2人ともちょっと持ってなかったなあという負け方だったのでPCL決勝でドーブルにボコられていた運負けサークルSPLは健在だなと思いました。

 

これで十分時間を潰せたので改めて仕込みが終わっている凌駕まで行きました。

味噌つけめんを頼むオタクが多かったのであえて背脂のつけ麺を頼んだのですが、とてもおいしかったです。

 

食い終わってまたぽけてくに戻ると体力が限界を迎えたので後ろの方で寝てました。

気づいたら終了時間になったのでSPLの連中と一緒に帰っていきました。

 

この辺でオフレポを終わろうと思います。

ぽけてくの方々や関わってくださった方々に改めて感謝したいと思います。

本当にありがとうございました。

そしてクソ日程ではありますが、11月24~26日には埼玉大学でむつめ祭がやっているのでぜひ来てもらえたらなあと思います。

工大祭のダブル大会で予選6-0ドロップをかましたお話 その2

ポケモン

前の記事の続きです。

慶応を出て、東工大に着いた我々3人は適当に知り合いに挨拶をしつつ大会の少しの時間を有意義に過ごしていました。

ヤトーさんと約1年ぶりに会ったのが印象的でした。

ここで、ある違和感に気付きます。

(今日なんか人多くね…?)

ここでぽけてくブログを見てみると、参加者一覧がめっちゃ増えていたのです。

(まあサクサク消化すればワンチャン終わるっしょ~www)

こう考えながら当初の予定通りダブル大会に参加することになりました。

 

そしてブロック分けが始まりましたが、なんとブロックの人数が7人もいました。

開始時刻が14時30分頃だったので6試合消化した上で決勝トーナメントまで行くのはほぼ無理になっていました。

それでも一縷の望みに託して普通に大会を開始しました。

同じブロックになったのは明日宮くん、がちゃゲルくん、そらりあ、レプリカくん、よしといさん、らすくくんということで知らない人がゼロ(というかこないだのSPLオフで会ったやつばっか)の超身内ブロックでした。

f:id:watchog_san:20161012060635p:plain

ちなみにこの日使った構築は、先日SPLオフで使ったゴツメグドラの元になったダブルの構築です。(たぶんググれば出てきます)

本当はいつものライコウマンダカビゴンを使おうと思いましたが、ある程度身内が多い可能性が高いと判断して当日朝にモリソンさんにガッサを借り、トノを5世代から輸送し、クチアロークレセは他ルールで使っていた中で一番パクリ元の調整に近い個体の技構成を弄って組みました。

急ごしらえだったので普通に予選落ちする可能性高いだろうなあとは考えていたので、もし間に合わなくても予選落ちしたらライブに向かうことができると思いました。

しかし、この予想を裏切ってこの日は絶好調。

危なげなく怒涛の6連勝を決めました。

たぶんらすく戦だけが唯一負けそうだったかもしれないって感じでした。

 

というわけで予選が終わった段階で16時半頃だったのでドロップする旨を運営の人に伝え、うちのブロックからは2位のよしといさんに加えて繰り上げで3位のがちゃゲルくんが予選抜けとなりました。

全部勝ったことによって誰の予選抜けにも影響を出さずに降りることができたのは、迷惑をかけずに済んで良かったのではないかなと思います。

しかし、当然こんな形では消化不良だったので、ぽけてくのウィリアムくんにライブ後泊めてくれないかとお願いし、快諾してくれたので翌日のシングル大会の参加も急遽決めました。

ちなみにダブル大会ではヤトーさんが決勝で魅せるプレイングを決めて優勝していました。

おめでとうございます。

 

そうして雨宮天さんのライブのために中野に行くことになりました。

まあ、ライブはぼちぼち楽しかったって感じだったので正直チケ持ってなかったら決勝トーナメント参加したかったです。

でも今まで聞く機会のなかったSkyreachを聞けたことと、アルバム曲で一番好きなSilent Swordを聞けたのは良かったかなあと思います。

 

ライブ終了後には知り合いと西沢幸奏ちゃんのライブのチケットの取引をして、そのあとウィリアム邸に向かいました。

ウィリアム邸では麻婆豆腐とリンゴの中にチーズケーキが入ってるような感じのお菓子をふるまってもらったり、シャワーを貸してもらったり、クソキャスをしたり、ねごやくんのクイタラン66のBVを見たりしているといい時間になってきたので寝ることになりました。

 

まだまだ終わらないのでその3に続きます。

工大祭のダブル大会で予選6-0ドロップをかましたお話 その1

ポケモン

10月8日と9日に行われた東京工業大学の学園祭、工大祭にて東工大ポケサーのpoketechが開催したシングルバトルとダブルバトルの大会に参加してきました。

構築記事ではないですが、適当にオフレポっぽい何かでも書いていこうかなと思います。

 

まず参加することになった経緯ですが、ちょっと前からウィリアムくんが工大祭のダブル大会の参加者が少ないってぼやいていたので、もし参加受付の締め切りである開催日前日になっても少なかったら早く終わりそうなので参加しようかなと思っていました。

f:id:watchog_san:20161012040135j:plain

なぜならその日の夜18時には雨宮天さんのファーストライブに参加することになっていたからです!!!

東工大から会場の中野サンプラザまではおよそ1時間かかるので17時に東工大を出る必要があります。

結局7日の時点でダブル大会には10人しか申請していなかったので早く終わる読みで参加申請をしました。

 

そして当日を迎えたのですが、まず行きの電車に一緒に行こうかと考えていた同じSPLのそらりあとかびの生えないチーズの2人と最寄り駅で合流しました。

それで電車を乗り継いで行ったのですが、目黒駅で東急目黒線への最後の乗り換えをしようとしたところで、日吉行きという文字が目に入りました。

3人「「「これひよポケ襲撃するしかなくね?」」」

機運に流されたオタクたちは日吉駅まで電車に乗って行きました。

そして外を見たら…

やばい雨に降られた3人は慶応大学の大きさに圧倒され遭難しながらもなんとかひよポケのブースまで辿り着きました。

 

チーズ「SPLで~す」

???「SPLってあの?トリプルやりましょ、トリプル」

そ・チ「「じゃあSPLオフ3位がやってくださいよ」」

ミ「まじか…」

 

最近トリプルレートで回してたのがたまたまエタブリだったのでこれで対戦をすることにしました。

ちなみに対戦相手はやみなべさんでした。(対戦時にTN見て気付いた)

やみなべさんの初手はエテボテラキガルドでこっちはアローハリテブルンだったのでアローはファスガ、ハリテはテラキに猫、ブルンはトリルを選択しました。

相手はエテボがファスガ、テラキが岩雪崩、ガルドがブルンにシャドボだったのでトリルが通ると思いました。

"ブルンゲルは怯んで動けなかった!!!"

ミ「マ?負け負け~」

そのままトリルを通せず押し切られて試合は終わりました。

そしてぽけてくに向かう時間が迫ってきていたので1試合だけしただけでしたが撤収。

ひよポケの皆さんありがとうございました。

 

なんか長くなってきたのでその2に続きます。

【トリプル】ORASで使った構築一覧

ポケモン

ORASで一番たくさん構築を組んだルールであるトリプルバトルの並びをひたすら振り返るだけの記事を残しておきたくなったので書いておこうかなと思います。

 

1、エターナルブリザード(シーズン10から第2回SPLオフ前まで使用)

f:id:watchog_san:20150722214808p:plain

初めて組んだ構築がこんなんで本当にどうかしてたとしか思えないが、普通に1700安定していたので弱くはなかった。

S操作と全体技とワイドガードというトリプルの基本が詰め込まれているのが良かったのかもしれない。

ちなみに2015年のPCLに出た時にはこの構築の改良前のものを使っていた。

 

2、バンギネールトリパ(第2回SPLオフ以降使用)

f:id:watchog_san:20161001163131p:plain

第2回SPLオフでベスト8に入った構築。

今まで作った構築の中で一番強かったのでレートを上げたいときには最後のシーズンまでずっと使っていた。

中身を公開していないのはレートで使える構築をずっと持っておきたかったからだったりもする。

 

3、メガガブスイッチ(第3回SPLオフ使用)

f:id:watchog_san:20160329161851p:plain

ここに並べた構築の中で2番目に弱かった。

ガブをランドにしてサナをメガシンカさせたら強かったんじゃないかな(適当)。

 

4、石の洞窟スタン(シーズン15使用)

f:id:watchog_san:20161001164347p:plain

ビビヨンで粉塵と怒りの粉の択をヒードランに迫る遊びをしたくて組んだ構築。

クチートジバコイルヤミラミの相性がよく、ランドロスが普通に強かったのでそこまで弱い構築ではなかった。

ちなみに石の洞窟スタンというのはクチートヤミラミが同居していることから命名。

 

5、マニュニュテラ(シーズン15で一瞬使用)

f:id:watchog_san:20161001165032p:plain

もしかして精神力ニューラって強くないか?ってところから始まった構築。

叩いたテラキオン自体が強いのでメガガブスイッチやカメラティ偽装滅びよりは強かった。

 

6、カメラティ偽装滅び雨(第4回SPLオフ直前に使用)

f:id:watchog_san:20161001165530p:plain

全国ダブルでほぼ同じ並びでこの形の滅びを使っていたのでハリテヤマとガラガラをカポエラーニョロトノにしてトリプルっぽさを増した構築。

何も上手くいかなかったのでSPLオフ1週間前に組んで即解散した。

 

7、にわか雨(第4回SPLオフ使用)

f:id:watchog_san:20160922235036p:plain

最近記事を上げたやつ。

今さら書くことはそんなにないが、レートで遊んでたらミロカロスに絶対勝てないことに気付いて悲しくなった。

 

 

この7つですべてになります。

強さを比較するとバンギネール≒にわか雨>エタブリ≒石の洞窟>>>マニュニュテラ>メガガブ>>>>>滅び雨でした。

個性的な構築を組むことばかりに意識が行ってしまって強い構築がなかなか組めなかったので普通に強い構築も回したかったなという後悔が少しあったりもしますが、最後の最後で普通に強そうなポケモンを使って結果を残せたのはとても良かったと思います。

【VGC2016】イベルオーガ【PCL使用構築】

f:id:watchog_san:20160926134330p:plain

昨日、9月26日に幕を閉じた全国ポケモンサークルリーグにおいて予選から計8試合、SPLのGS代表として出場させてもらい、そのうち本戦リーグ・決勝トーナメントの6試合で使用して5勝1敗だった構築となります。

当初は記事として載せる予定がなかったのですが、サークルとして準優勝という去年までと比較して素晴らしい結果を残すことができたのと、せっかくここ1年で大真面目に取り組んだルールなのに一つも記事を残さないのはちょっと嫌だなと感じたことから書いていこうと思いました。

 

f:id:watchog_san:20160926134449g:plain

カイオーガ@藍色の玉

176(4)-×-110-255(252)-180-142(252)/控えめ/始まりの海

潮吹き/熱湯/冷凍ビーム/守る

 

元々この構築はグライベルだったので一番最後に入ってきた最強のポケモン

グラが特殊型(控えめCS噴火大地雷守る)だったので思ったよりすんなり入ってきてめちゃくちゃ強かったです。

最初はグラードンが最強のポケモンと信じて疑っていなかったので食わず嫌いしていたのですが、実際使ってみたら命中不安などの要素によって断崖のないグラードンを使うくらいならこっちを選ぶべきだなあと感じました。

WCSの影響で以前からいたドーブルに加えてカポエラーなどのワイガ持ちが増えることを懸念して根源ではなく熱湯を採用したこと以外は特に書くことのないポケモンではないでしょうか。

個体を貸してくれた同じサークルのこてっちゃんには感謝しています。

 

 

f:id:watchog_san:20160926135944g:plain

イベルタル@黒いメガネ

201-201(252)-115-×-126(60)-143(196)/意地っ張り(H30S29の非理想個体)/ダークオーラ

叩き落とす/不意打ち/追い風/守る

 

グラカイレックゼルネよりは一段もしくは二段下の評価をされていることが多い伝説枠。

PCLiveの放送を見た人はわかるかもしれませんが、トリックルーマーに対しては無類の強さを誇るポケモンでそうでないときも高耐久とかなりの火力がある不意打ちによってゼルネ入り以外にはほぼ毎試合出して大活躍してくれていました。

グライベルだったときは寂しがりで追い風の枠にバークアウトを入れてましたが、カイオーガの採用によってそこそこの火力の全体技よりも追い風でオーガ通した方が強いと判断して変更しました。

この変更は大正解でアローとの追い風2枚によってオーガを上から動かしやすい試合が増えました。

調整としてはAぶっぱSは準速グラカイ抜きで受ける技は特殊方向が多いと判断し残りはD振りになっています。

こちらも個体は借り物で同じサークルのそらりあには意地と寂しがりの2匹も貸してくれてとても感謝しています。

kotorisuto.hatenablog.jp

こういうヤバいことしてる人が身近にいて本当に助かりました。

 

 

f:id:watchog_san:20150401204055g:plain

ボルトロス@命の珠

155(4)-×-90-177(252)-100-179(252)/臆病/悪戯心

10万ボルト/気合い玉/身代わり/守る

 

この構築最大の地雷枠。

前はレパルダスの嘘泣きと合わせてグラに草結びを打っていました(無振りグラ程度なら確1)が、耐久の薄いグラがほとんどいなくなっていたことから身代わりに変更することで、相手のS操作の時間稼ぎやレパの猫と合わせて行動回数を増やしやすくなったりしました。

珠気合い玉は耐久振っているメガガルに耐えられることは周知の事実だと思います(H4メガガルが75%で落ちる程度)が、このルールはASが多いと判断して採用した結果大半のメガガルが飛んでったので、採用は大正解だったと思います。

決勝トーナメント1回戦では、気合い玉でガルーラを飛ばしてイベルタルの不意打ちを身代わりで回避したりと地雷枠らしく好き放題やってくれていました。

 

 

f:id:watchog_san:20150401203750g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

137(12)-×-82(16)-182(252)-95-174(228)→137-×-102-222-115-196/臆病(めざ氷個体のためB30)/浮遊→影踏み

ヘドロ爆弾/めざめるパワー(氷)/身代わり/守る

 

この構築で唯一ゼルネに強いと言ってもいい枠。

調整は陽気珠アローのブレバ耐えまでHBを伸ばしてゲンガーミラー以外で不要と判断したSを削っています。

Cは削るとゼルネが倒せるかどうかに関わってくるので削れません。

めざ氷の枠は鬼火と滅びの歌(これは予選で使用)とでずっと悩んでいましたが、このツーウェポンだと構築全体で厄介なマンダとゼルネに対して戦える駒として非常に優秀でした。

また、影踏みで相手のグラを逃さず仕留めたり、交代で裏から晴れさせようとしたりするのを防げるのも素晴らしかったです。

 

 

f:id:watchog_san:20150722220239g:plain

ファイアロー@鋭い嘴

153-133(252)-91-×-90(4)-195(252)/陽気/疾風の翼

ブレイブバード/追い風/ファストガード/守る

 

ブレバと追い風だけでも仕事はできるので守るを持ったタイプのファイアロー

このポケモンが重要になる試合が多く、守るも読まれにくいのでかなり強かったです。

 

 

f:id:watchog_san:20160926145818g:plain

レパルダス@気合いの襷

139-140(252)-70-×-71(4)-173(252)/陽気/悪戯心

イカサマ/猫騙し/電磁波/なりきり

 

この構築で一番技が迷走した枠ではあったものの選出率は一般枠で1位でした。

猫は切る理由がなくて、上からボルトやエルフーンに挑発を受けても腐らなくてダークオーラとのシナジーも強いイカサマは確定としていて、嘘泣きアンコール挑発バークアウト威張るなどいろいろ考察したり試してみたりしましたが、電磁波なりきりに落ち着きました。

配分は2発目以降耐える必要のある場面があまりなさそうだった(というかどっちみち耐えない)ので申し訳程度に猫の火力が上がるASにしました。

 

 

選出としては初手にレパ+何かを投げて場を荒らせるだけ荒らして裏から追い風展開する形が多かったです。

 

以下PCLの振り返り

去年まで3年連続で予選落ちだったSPLが惜しくも優勝はできなかったとはいえ準優勝という成績を残せたのは本当に嬉しかったです。

このSPLというサークルはPCLにおいてほとんどメンバーを固定せず、予選から数えると今年は11人も対戦参加しました。

サークルの方針としてPCLには参加したい人全員が参加して楽しむというのがずっとあったので、それを守りながらここまで来れたのは本当にすごいことだと思います。

ただ一つ心残りだったのは今年の1年生があまり積極的ではなかったり上級生も上手く誘導することができなかったせいで、1年生に1試合も出てもらうことがなかったことですね。

来年は新入生からM2までみんなで試合に出て、今年惜しくも逃してしまった優勝が取れればいいななんて思っています。